小学生のためのソルフェージュ

ソルフェージュとは、簡単に言うと「音楽の基礎的な能力」のことです。

 

音楽を「感じ」「分析し」、「表現」に結びつけます。

 

そう。音楽をより理解し、自分らしい素敵な表現をするためにソルフェージュという科目はできました。

 

 

リトミックもその一つです。

 

リトミックでは、身体を使ってソルフェージュしますが、一般的にソルフェージュと言われているものは、歌やピアノ、五線紙などを使いトレーニングします。

 

ピアノのレッスンの中でも、音程や和音などの分析をできるようにしますが、当教室の子どものソルフェージュコースでは、特に音楽の聴き取りと楽譜の書き方を中心にレッスンをしています。

 

 

①音の聴き取り

絶対音感のついていないお子さんは、ここで相対音感のトレーニングもいたします。

 

 

②メロディー聴音

2拍子.3拍子.4拍子の曲の書き取りします。楽譜の基礎的な書き方を学びます。

 

 

③和声聴音

Ⅰ.Ⅳ.Ⅴ.Ⅴ₇の和音の聴き取りをします。

 

 

④新曲視唱

初めて見た曲を音楽的に歌う練習をします。正しい音程で歌えるようにします。

 

 

⑤初見奏

初めて見た曲を音楽的に弾けるように練習をします。どのように音楽が構成されているか、楽譜から読み取れるようにします。

 

 

⑥楽典

楽譜を理解するのに必要な知識を学びます。音楽用語などを覚えます。